山と温泉と私

山と温泉が好きな女子の日々のきろくです

なんてことだ。

尾瀬を満喫した週末を終えて、軽い筋肉痛を感じながら出社してメールチェックすると、もうすぐ辞めてしまう上司から

「家族の事情で、飲みに行く予定がダメになってしまいました。すみません」

という内容のメールが来ていた。

2週間前に約束した件である。

 

彼は、話すとすごく人当たりのいい人だけど、メールでは用件のみを必要最小限の言葉で伝えてくる人なので、なんだかすごく突き放されたような気持ちになって、週明けそうそうだいぶどんよりした。

ランチ時にはあまりにも落ち込んで見えたのか、同僚に心配されてしまった。申し訳ない。

実は彼は、社内でも有名な恐妻家で、社長にまで「あいつの嫁はモンスターワイフ」と言われているような感じのご家庭なのだ。

たとえば会社の飲み会がある日でも、奥さんから電話が来て乾杯だけして帰っていったり……みたいなことがわりと頻繁にあって。

だから、そんな彼の「家族の事情」と言ったら

「どうせ退任前で毎日飲みに行ってて怒られたとかでしょー。もうちょっとうまくやってよー」

と思ってぷんぷんしていたのだけど。

こういうとき、同じオフィスだったら、冗談まじりに直接文句を言いに行けるのに、メールだと本当に責めているような文面になってしまいそうで、返すの難しいな。

そんな風に思って返信できずにいたら、夕方に、今度は全体の送別会まで中止の連絡が来た。

なんてことだ。

うーん、「奥さんが怒ってる」とかじゃなく、よほどの事情なのか、それともよほどひどく奥さんが怒ってるのか。

しかし、自分が企画した小規模飲み会だけが断られたと思ったときは、本当に落ち込んだのだけど、全体送別会まで中止となると、逆にもう、諦めがつくというか。

不思議なものだ。

しかし、2週間前の日記でも

「今回の小規模飲み会も、まだどうなるかわからないなあと思いながら、参加者を募っている。」

って書いていたけど、やっぱり、そうすんなりはいかなかったね。

しょんぼり。