山と温泉と私

山と温泉が好きな女子の日々のきろくです

また旅にでたい

熊本で地震が起こってから、もう1ヶ月が経つ。

実は、熊本には今年の1月に行ってきたばかりだった。特典航空券を使って熊本航空まで飛び、18切符を使って熊本市内~人吉温泉~阿蘇内牧温泉と移動して、九州横断バスで黒川温泉に移動し、由布院・別府を通って大分空港から帰る、という旅で。

人吉温泉だけはかなり鹿児島よりなのでそれていると思うけど、それ以外は、通ってきた道のほとんどが、かなりの被害を受けていると思う。

楽しい旅だった。毎日馬肉を食べて、熊本は本当に、食べ物がおいしかった。

東北の出身だけれど、九州はなんとなく、東北と近い感じがして気に入っていて、ここ数年は毎年、大分・鹿児島・熊本のどこかに旅行していたんだ。

東京の文化圏からも、関西の文化圏からもはずれているところや、甘めの醤油味が好きなところ、火山が多く、高い山はないけれど美しい山が多いところ。温泉が多いところ。

思い出すと今も、ああ行きたいなあと思ってしまう。

黒川温泉なんて、あんな山奥にあるのに、ものすごく設備の整った、ホスピタリティ溢れる宿ばかりで、しかも、いろんな泉質のお湯が湧いているんだよね……。東北にはああいうところはないから、単純にすごいなと思っていた。

本当は、来月も別府・由布院に宿を取っていて、大分に行くつもりでいたんだけれど、予約していた別府の宿から「地震で設備の故障がみつかり、修理に時間がかかりそうなので今回の予約はキャンセルしてほしい」という連絡が昨日来て。

正直なところ、別の宿に予約を取り直しても行くべきかどうか、迷っている。

観光業はかなりダメージを受けていそうだから、応援の意味で行ったほうがいいとはわかっているんだけど。

行きたいと思っていた場所に行けない、ということは、旅行を決行しても、いろいろ出てくるんだろうなあと思って。

行けないところはそれはそれで割り切って、楽しめばいいのかもしれないけれど。

車が運転できないので、電車やバスが通っていないところには行きにくいという制約があるのもネックで。

別府あたりはわりとバス便に恵まれているので、普段なら不便に思うというほどじゃないんだけど。

もしも行ったときに大きめの地震があって交通事情が乱れたら、ちゃんと帰って来れるのかなーということを、考えてしまった。

まだ地震が起こる前に旅行に行ったときに、たまたま地震が起こったんだったら「運が悪かったね」ですむ話だけれど、九州に親戚がいるとかでもないのに、今の状況で旅行に行って「帰ってこれません」とかいうことになったら「なんでこんなときに行ったんだよ」という話になるのかなあ……などと。

我ながら、小さなことを気にしているなとは思うのだけど、大人だからしょうがないよね。